The Land of Nod ノドの地

Photo credit: Aki Tanaka

 

 

Shakuhachi player Bruce Huebner and harpist Kaoru Arai-Colucci are “The Land of Nod”, a new duo inspired by a poem of the same title by Robert Louis Stevenson from his book “A Child’s Garden of Verses.” For their debut album Huebner and Arai-Colucci choose lullaby and lullaby-like songs to invite us on a trip to a musical Land of Nod where we can enjoy a reverie of nostalgia for childhood fantasies, the pleasures of deep sleep, sweet dreams, and scenes from a garden of musical poems like that evoked by Stevenson’s collection. While the Japanese shakuhachi and the Western grand harp may seem to be an unlikely match, Huebner’s love of the expressivity of breath through the bamboo flute, and Arai-Colucci’s love of transparent harmonies enunciated by her fingers on open strings of the harp help us understand what brought the two musicians to explore the possibilities of this unique instrumentation. The Land of Nod will be embarking on their first crowdfunding campaign to produce their first album, from December 2020 - January 2021.

2020年のコロナ・パンデミックの最中、尺八奏者ブルース・ヒューバナーとハーピスト新井コルチ薫は、この苦しむ世界が今必要な音楽を作るべくレコーディングセッションを開始する。2人はイギリスの作家ロバート・ルイス・スティーヴンソンの詩集「子供の詩の庭」の中の「ノドの地(眠りの国)」からインスピレーションを受け、デュオを「ノドの地」と命名。その名の通り、聴く者をストレスのない、穏やかな夢の国へ運ぶような子守唄やクラシック、オリジナルの曲を中心に演奏。尺八の息遣いや運指の音と、ハープの弦を指で弾く音が合わさることによって、思いがけない親密な音色が生まれることに気付き、これからも様々な可能性を追求していきたいと考えている。

 

ノドの地は2020年12月から2021年1月にかけて、初めてのアルバムを作成するためのクラウド・ファンディングを計画中である。

 

 

Our Shows:

 

 

The Land of Nod’s Evening of Dreams  夢の国「ノドの地」への誘い

The Land of Nod (ノドの地)(Hp 新井コルチ薫、尺八 ブルース・ヒューバナー)


日時:2020年12月12日 (土) 
1stステージ:16:00~  2ndステージ:18:00~

場所:都電カフェ&サイクルジム 三ノ輪
          Toden Café & Cycle Gym Minowa 

           荒川区南千住1丁目15−16

 

チケットはこちら

1st ステージ 16:00- 入場券 ¥2,000
2nd ステージ 18:00- 入場券 ¥2,000
1st 2nd ステージ通し券 ¥3,600
インターネット配信 無料視聴  
インターネット配信 投げ銭500 ¥500
インターネット配信 投げ銭1000 ¥1,000
インターネット配信 投げ銭2000 ¥2,000

 

無料生配信URL:https://youtu.be/Si33fbsse7M

よろしければ投げ銭をお願いいたします!

私たちはロバート・ルイス・スティーブンソンの詩集「子供の詩の庭」の中の「ノドの地(眠りの国)」からインスピレーションを受けて音楽を作っています。今まさに必要な、心へ直接歌いかけるような音を皆様に届けたい。そんな思いでこの不安な毎日を乗り越えています。
ハープと尺八の音色を枕に、一緒に夢の国へ旅をしましょう!

プロフィール:
2020年のコロナ・パンデミックの最中、尺八奏者ブルース・ヒューバナーとハーピスト新井コルチ薫は、この苦しむ世界が今必要な音楽を作るべくレコーディングセッションを開始する。2人はイギリスの作家ロバート・ルイス・スティーヴンソンの詩集「子供の詩の庭」の中の「ノドの地(眠りの国)」からインスピレーションを受け、デュオ名を「ノドの地」と命名。その名の通り、聴く者をストレスのない、穏やかな夢の国へ運ぶような子守唄やクラシック、オリジナルの曲を中心に演奏。尺八の息遣いや運指の音と、ハープの弦を指で弾く音が合わさることによって、思いがけない親密な音色が生まれることに気付き、これからも様々な可能性を追求していきたいと考えている。

ノドの地は2020年12月から2021年1月にかけて、初めてのアルバムを作成するためのクラウド・ファンディングを計画中である。


--------------------
演奏曲目(予定)
--------------------
1st
竹田の子守唄
赤い花白い花
スカボロー・フェア 他

2nd
ドビュッシー「夢」
風の谷のナウシカのテーマ
スマイル 他

What's New

ハープ&ソウルのページをアップしました!

Harp and Soul page is now ready!
Check out our new videos from our last show on youtube!

 

 

メインページ、ビデオページにビデオをアップしました!

New video on Home page and video page!

 

2011年8月から25ansの「エレガントブロガー」としてブログを書いています♩

I am now an "elegant blogger" on a website run by the prestigious magazine, 25ans

http://blogs.25ans.jp/elegant_kaoru/